食品・医薬品・化粧品の包装資材などの安全評価ツール提供を主軸に、身近な“安全”を守る分析パートナーとして、ノウハウを活かした技術コンサルティングとともにご提供します。

提供ツール

安全分析評価ツール『SML6』

AKTS社によるSML(特定移行成分限界値)適否判定ソフトウエア

Pricing Table Image

ヨーロッパで制定された「食の安全」のためのEU規則(EU)No 10/2011を準拠したソフトウェアとして、スイスのAKTS社とドイツのMDCTec社がスイス衛生局と国家プロジェクトととして共同で開発したソフトウェアです。

食品・医薬品・化粧品などに接触する高分子(包装資材)の安全評価をシミュレーションします。

技術コンサルティング

・食品包装材料の安全性評価(AKTS社のSML6による移行物質のシミュレーション評価)
・高分子・半導体電子材料の物性評価(発生ガス分析/EGA、熱刺激電流測定/TSC他)

分析評価機器や解析手法の導入にあたって、供給側の視点でのプロモーション主体になりがちですが、株式会社aicdでは、現場をよく理解した上で、ブレイクスルーのための要件に適した技術サポートを心がけております。

一般的な固定化された技術や情報によるコンサルティングだけではなく、日々変化し、新たに創出していく評価手法をご提案いたします。
⇨各社様の問題点を明確にし、改善・解決するための具体的な対策をご提案