『食の安全』分析評価サービス / 技術コンサルティング

社会によりそう「食」の分析

食品、医薬品、包装資材など、
身近な“安全”を守る分析パートナーとして、
ノウハウを活かしたサービスをお届けします。

食の安全

欧州法令(EU)No 10/2011の
評価基準をクリアした
食品・医薬品・高分子の安全をサポート

分析評価ツール

EUの国家プロジェクトから生まれた
特定移行成分限界値の
適否判定ソフトウエア『SML6』

技術コンサルティング

産総研での客員研究員としての
ノウハウを活かした
分析評価の技術研究アドバイザー

SML(特定移行成分限界値)適否判定ソフトウエア

SML(特定移行成分限界値)適否判定ソフトウエア

食品・医薬品・化粧品などに接触する容器の安全評価ツール『SML6』

国家プロジェクトから生まれた『SML6』

ヨーロッパで制定された「食の安全」のためのEU規則(EU)No 10/2011を準拠したソフトウェアとして、スイスのAKTS社とドイツのMDCTec社が共同で開発。

移行モデルによる溶出量シミュレーション

食品の包装資材に含まれる添加剤等の移行物質が食品に溶出する量(=SML [特定移行成分限界値])の適否判定を、添加剤の配合量から溶出量を推定してシミュレーションします。

溶出試験(HPLC)にかかる工数を大幅カット

欧州では規制値への適否を判定できる唯一のソフトウエアとして採用されており、HPLCなどの分析機器を使った溶出量の測定試験における工数・費用の削減が可能。

技術ライブラリ

分析評価ソフトウェア『SML6』を使用する際の
ノウハウやテクニックをまとめた
技術資料・テクニカルノートを公開しています。

お問い合わせ

ご依頼や相談は、問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

最新情報

  1. 2019年11月30日

    第10回熱刺激電流測定法に関する研究会(TSC研究会)のご案内

  2. 2019年11月22日

    【出展レポート】『プラスチック成形加工学会 第27回』ご来場の御礼

  3. 2019年11月10日

    『プラスチック成形加工学会 第27回』出展のお知らせ

  4. 2019年11月8日

    公式WEBサイトをOPENしました。

お知らせ一覧を見る